【pandish 丸】XL数量限定!取っ手の取れる鉄フライパンの4つの利点

網/鉄板/ロストル
網/鉄板/ロストルキャンプギア

ソロキャンプで豪快に肉を焼く。デュオやグループでも使える従来のスリーサイズに加え、数量限定でpandish 丸のXLサイズが、onegearから販売されます。

今回はどんなシーンにも使いやすい鉄板、「pandish 丸」をご紹介します。

気になっている方やご購入をご検討の方は是非チェックしてみて下さい。

文・画像:onegear

pandish丸とは

簡単に言うと、調理に使える鉄フライパンです。

もちろんpandish丸の魅力はそれだけではありません。

12役となるpandishは、その名前の通り、お皿としての役割もこなす事ができたり、焚き火の中でガンガン使えて、そのままお皿として野遊びの食卓に飾る事が出来ます。

そして料理が冷めてしまった場合、そのまま焚き火の中で暖める事が出来るのがpandish丸最大の魅力です。

pandish丸XLの特徴

pandish丸XLサイズでは従来のpandish丸S.M.Lサイズのスリーサイズに加え、さらにワンサイズ大きく、肉はもちろん、炒めモノや焼き物もなんでも作れてしまう便利なギアです。

pandish丸XLのスペックは以下の通りです。

鉄板サイズ:直径約20㎝

鉄板の厚さ:1.6mm

鉄板の重さ:約430g

無骨キャンプギア・アウトドア用品のonegear(ワンギア)公式通販ストア
onegear(ワンギア)は、無骨キャンプ用品を中心にハイエンドなアウトドア製品の開発・製造・販売を展開するキャンプギアブランドです。 ワンギアは、「あなただけのギア」をテーマに、 キャンプ・アウトドアを楽しむため、自然をずっと守るサスティナブルなギアブランドであり続けるべく、 カメと地球をモチーフとしたロゴシンボル...

pandish丸のココがスゴい

極薄鉄板で熱伝導率が良い

1.6mmに仕上げたpandish丸は熱伝導が良く、調理に時間を要しません。

焼くだけの簡単な調理でもまるで炭火で調理したような素材の表面はパリッと内面はふっくらと仕上げる事が出来ます。

直火に置いてガンガン使える。

網の上に乗せて普通のクッカー同様に調理ももちろん出来ますが、ワイルドに炭火の上にそのままダイレクトに置いて調理を楽しんでいただけます。

焚き火の楽しみと食の楽しみを、無骨な雰囲気でたっぷりと楽しむことが出来ます。

pandish丸はお皿としてももちろん使用する事ができます。

育てた黒皮鉄は独特の光沢を放ち、お料理の見た目もより一層引き立ててくれます。

是非、実物を手にとり、体感してみて下さい。

料理が冷めたら焚き火へポン!

美味しいご飯とお酒に舌鼓を打ちながら、楽しい時間をゆっくりと過ごしているとせっかく作ったお料理がついつい冷めてしまった。

特にこれからの秋冬の涼しいシーズンだとよくありますよね。そんな時に大活躍。そのまま焚き火へポンと戻せば、またお料理がアツアツの状態にすぐに温め直しておいしく召し上がる事が出来ます。

スタッキング性能もGood

普段使ってる焚き火台ポーチ等にも、そのまま入れて、楽にスタッキングも。

その他の調理用品の中にもスッと1枚入れてもかさばらない。そして軽くて丈夫。

登山者の方からも評価をいただいているほど、優秀な1枚です。

取っ手が取れる

pandish joint

pandish丸シリーズにはスタッキング性能の事を考え、取っ手がありません。

そのために軽量化や持ち運びがすごく楽になりました。

onegearからpandish jointとpandish joint scraperの2種類のジョイントを販売しております。

jointだけでも色々な使い方が出来る。

専用ジョイントは持ち手部分の柄の部分を曲げ加工し、焚き火でアツアツになったケトルの持ち上げに使ったり、他メーカーの3.2mm厚の鉄板にもフィットします。

使い終わった後はファイヤーラックにもかけておけるし、収納もpandishに引っ掛け同封する事で持ち運びにも困りません。

もちろん他メーカーの鉄板(1.6mm~3.2mm厚推奨)のスクレーパー兼ジョイントとしても使えますし、1個持っているとすごく重宝出来る便利なギアです。

職人が1枚1枚手掛ける

pandish丸シリーズを手掛けるのは大阪にある熟練の製かん工。

onegearと手を組み、設計から製造まで1つ1つ心を込め、丁寧な技術で仕上げた製品です。

製かん工とは鋼板を溶断、穴あけ、折り曲げ、そして溶接から仕上げ加工まで「建設機械」「産業機械」「工業機械」等のベースやフレームを製造する。

そのすべての工程に携わり高度な技術を身に着けたプロフェッショナルの事です。

近年では、熟練した技術を持つ製かん工は少なくなり、特に40代では皆無に近いと言われており、日本はもとより世界中から求められる人材となっています。

onegearブランドのこだわり

onegear(ワンギア)は新しくできて間もない、まだ知る人ぞ知るガレージブランドです。

たくましく、

永く使って頂ける

ほんとうに良いギアを。

経験豊富なキャンパーだけでなく、キャンプ&アウトドア初心者の方まで、思わずカッコイイと感じ、永く愛用していただける、”無骨でワイルドなデザイン”をコンセプトに商品開発に取り組んでいます。

「ありのままの自然を感じることができて、アウトドアを楽しむ非日常の時間を存分に演出してくれる。」

それでいて、頑丈でありデザイン性にこだわった商品の生産を、各分野における熟練の職人と取り組んでいます。

タイトルとURLをコピーしました