アフィリエイト広告を利用しています

【T-1D15】キャンピングムーン ガスランタン徹底レビュー

ガスランタン
ガスランタン

キャンプをお洒落に演出してくれるガスランタン。場所を選ばないコンパクトタイプの卓上ガスランタンが人気ですが、今回はcampingmoonガスランタン「T-1D15」をレビューしました。

キャンピングムーン「T-1D15」の概要

型式T-1D15
サイズ本体:幅75×奥行30×高さ115mm、充てん式タンク:45mm
重量520g
材質アルミ合金、ステンレス、ガラス、NBR
適用ランタン部:OD缶
充てんタンク:CB缶、OD缶(別売Z15アダプター必要)
ガス消費量7g/h
燃焼時間充填式タンクで1〜2時間(目安)
付属品木製ケース、本体(ランタン部、グローブ、充てん式タンク)
キャンピングムーン(CAMPING MOON) ガスキャンドル ランタン ガスランタン 専用タンク 木製ランタンケース付き T-1D15
キャンピングムーン(camping moon)
●サイズ:本体/幅75×奥行30×高さ115mm、充てん式タンク/45mm
●重量:520g (ガスランタンのみ約100g)
●連続燃焼時間:充てん式専用タンクで1〜2時間

T-1D15の特徴的な機能

ガスを燃料として使用

T-1D15の最大の特徴は、ガスを燃料として使用することです。これにより、煙や臭いを気にすることなく、クリーンな明かりを楽しむことができます。

灯油やロウソクと比べて手軽

従来の灯油ランタンやロウソクは、火をつける手間や燃料の補給が必要でした。しかし、T-1D15ならガスカートリッジをセットするだけ。点火も消火も簡単です。

OD缶にも直接取り付け可能

T-1D15のもう一つの魅力は、OD缶にも直接取り付けることができる点です。容量の多いガス缶を使えば燃焼時間も気にする必要がありません。

充てん式専用タンク

付属の充てん式タンクは質感が良く、作りもしっかりとしています。満タンの状態で、1〜2時間ほど使用できます。また、充てん式タンクは単体でも購入することができます。

ガスの充てんはCB缶から直接行うことが可能です。また、別売のマルチアダプターZ15を使用すれば、OD缶からも充てん可能です。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) マルチガスアダプター マルチガスバルプ
キャンピングムーン(camping moon)
●サイズ:45(90)x15x29mm
●重量:約30g
●用途:OD缶口金に接続し、開閉させるアダプター
●特徴:2次側のカートリッジの内圧を下げるリリーフバルブが装備

T-1D15の外観

アルミ合金、ステンレス、ガラスを使ったT-1D15は、その輝きや手触りが何とも言えない魅力を放っています。

さらに、手に取ったときの「ずっしり」とした重み。これが、製品の高級感を一層際立たせています。

真上と真下からのビューです。

充てんタンクには三脚ネジ穴があり、三脚に固定して使用することも可能です。

金属のつまみには細かな切り込みが施されています。この切り込みのおかげで、バルブの調整が非常にやりやすくなっています。細かい部分にも工夫が施されていることで、使用時の快適さが格段にアップしています。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) ガスキャンドル ランタン ガスランタン 専用タンク 木製ランタンケース付き T-1D15
キャンピングムーン(camping moon)
●サイズ:本体/幅75×奥行30×高さ115mm、充てん式タンク/45mm
●重量:520g (ガスランタンのみ約100g)
●連続燃焼時間:充てん式専用タンクで1〜2時間

T-1D15の使用感

点火について

T-1D15は、ライターで簡単に着火できます。ただ、炎を強くしすぎると煤が出ることがあるので、注意が必要です。

ろうそくのような優しく揺れる炎

T-1D15のろうそくのような優しく揺れる炎は、心を落ち着かせてくれる癒しの時間を提供してくれます。さらに、燃焼音はほぼ無音なので、静かな夜の中で炎だけをじっとながめることができます。

簡単な炎調整

炎の大きさはバブルで細かく調整できます。初めての使用時、炎の調整には少し慣れが必要かもしれませんが、数回使用すれば問題なく使えるようになります。

T-1も使用してみた

キャンピングムーン(CAMPING MOON) ガスキャンドル ランタン ガスランタン 木製ランタンケース付き T-1
キャンピングムーン(camping moon)
●サイズ:外径50×高さ163mm(つまみ含まず)
●重量:325g (ガスランタンのみ約163g)
●材質:器具栓/アルミニウム合金・ステンレス、ホヤ/耐熱ガラス、収納ケース/天然木

キャンピングムーンから別途出ている「T-1」も使用してみました。こちらの製品もT-1D15付属の充てんタンクやOD缶で使用することができます。

コールマンの「ルミエールランタン」と「T-1D15」、「T-1」を比較してみました。

大きさ的にT-1は、T-1D15ルミエールランタンの中間と言ったところです。

T-1は独特の燃焼音がします。ただ、耳障りな音ではなく心地良い燃焼音です。

T-1D15付属の充てんタンクでも使用できますが、ホヤの大きさ的にもOD缶で使用するほうが安定感がありそうです。

ホヤを変えて色んな雰囲気を楽しめる

キャンピングムーンからは色々な交換用ホヤが出されています。ホヤの交換して色んな雰囲気を楽しむのもアリですね。