アフィリエイト広告を利用しています

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応

BrindleCampのBurnMoreをレビュー焚き火台
焚き火台

BrindleCampさんから耐荷重10kgで40cmの薪も入る調理可能な焚火台「BurnMore」がリリースされました。実際に試してみましたので、レポートしたいと思います。

※本記事で使用した商品はごモニター品です

BurnMore焚火台とは

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

ソロキャンプのブームもあり、軽量でコンパクトな焚き火台の人気が高まっています。「BurnMore」もその流れを汲みとった焚き火台と言えるでしょう。

BurnMoreには以下の3つの大きな特徴があります。

BurnMoreの特徴
  • 軽量でコンパクト
  • ソロからファミリーキャンプまで対応
  • 調理時の耐荷重10kg

BurnMoreは軽量でコンパクト

出典:Instagram by @brindle_camp

BurnMoreの重さは1.6kg。女性でも片手で持てる重さです。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

また、収納時のサイズは、27cm(縦)×48cm(横)×1cm(厚み)なので、とってもコンパクトです。

ソロからファミリーキャンプまで対応

出典:Instagram by @brindle_camp

調理スペースは40cm×30cmあるので、ソロはもちろんファミリーキャンプまで利用できます。幅40cmの薪を焚べることができるので、手間も要らず火力も十分です。

調理時の耐荷重10kg

出典:Instagram by @brindle_camp

調理時の耐荷重は何と10kg。思いダッチオーブン料理でも安心して使用できます。

BurnMoreの外観レビュー

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

ステンレスのプレートを組み合わせた曲線美のある外観です。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

40cm×30cmの広々調理スペース。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

五徳の間隔は4cmです。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

高さは25cmあります。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

火床には40cmの薪もすっぽりと入ります。

BurnMoreを実際に使ってみた

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

早速、薪を焚べてみます。今回は小さめのコロ薪を使用してみました。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

着火してみました。新品の焚き火台への火入れは毎回ワクワクしますね。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

難なく薪に着火しました。燃焼効率も良く、薪も良く燃えています。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

火床に空気穴が空いていないタイプですが、その代わりに火床の底に隙間を作る薪受け板があります。これにより効率よく燃焼してくれます。

また、空気穴が無いので灰が下に落ちることもありません。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

五徳の高さはHighとLowを設定できますが、今回はHighで試してみました。炭火ではない間は、Highでも十分な火力を得られそうです。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

ロゴが切り抜かれたプレートが炎に照らされてお洒落な感じですね。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

1回使用した後はこんな感じです。使用後の火床の反発力も問題無いので、耐久性も高そうです。

BurnMoreの組み立て方

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE
部品枚数
①土台x2
②火床支柱x3
③火床板x2
④火床底板 (側面)x2
⑤火床底板 (中央)x4
⑥五徳 (横板)x2
⑦五徳 (縦板)x8
BurnMoreの組み立て方
  • ステップ1
    土台(①)と火床支柱(②)を組み立てる

    注意怪我防止の為、グローブを付けて作業を行いましょう

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    プレートのスリット部分に差し込んで組み立てていきます。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    3枚全部組み立てます。

  • ステップ2
    火床板(③)を組み立てる
    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    2枚の火床板のスリットを互い違いに嵌め込んでいきます。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    全部嵌め込んだら、先ほど作成しておいた火床支柱に湾曲させて嵌め込みます。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    片方から順番に嵌め込んでいくとスムーズに入ります。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE
    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

  • ステップ3
    火床板(④, ⑤)を組み立てる
    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    側面の板から嵌め込みます。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    中央の板は尖った方が上になるように嵌めます。

  • ステップ3
    五徳(⑥, ⑦)を組み立てる

    五徳の高さは2段階(Hight, Low)から選ぶ事ができます。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    【Hight】上の段に五徳の横串プレートを設置します。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    【Hight】五徳の縦串プレートは外側のスリットを使います。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    【Low】下の段に五徳の横串プレートを設置します。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    【Low】五徳の縦串プレートは内側のスリットを使います。

    軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
    ©︎2020 CAMPZINE

    これで完成です。

BurnMoreの組み立ては慣れると2分もかからずに出来るようになります。

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE

焚き火台を持ち上げる時は土台から持つようにしましょう。火床支柱を持ってしまうと土台が抜けてしまうので要注意です。

BurnMoreの仕様

軽量コンパクトな焚き火台「BurnMore」の使用レポート|耐荷重10kgで40cmの薪にも対応
©︎2020 CAMPZINE
素材ステンレス(SUS430)
重量1.6kg
調理時の耐荷重10kg
【収納時】縦×横×厚さ27cm×48cm×1cm
【組立時】縦×横×高さ33cm×45cm×25cm
【Hight】火床から五徳までの高さ19cm
【Low】火床から五徳までの高さ16cm

実際に使用してみた感想

今回、BurenMoreを使用してみて、コンパクトなのにその頑丈さにまず驚かされました。薄いプレートをやぐらのように組み合わせることで大きな垂直強度を実現させています。

40cmの薪でも難なく焚べる事ができるので、ソロでもファミリーキャンプでも使いたいと考えているキャンパーに最適な焚火台ではないでしょうか。

「BurnMore」焚き火台はヨドバシ購入可能です。

コメント