ピコグリル398の購入レビュー!使用して納得した人気のワケ

ピコグリルの火入れ焚き火台
©︎2020 CAMPZINE
焚き火台

ソロキャンパーを中心に絶大な人気のあるピコグリルを使ってみたので、ご紹介したいと思います。ピコグリルはキャンプYouTuberのヒロシさんが愛用していることもあり、人気に火が付きました。

ピコグリルとは

ピコグリル398とは
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリルは軽量・コンパクトな焚き火台として、ソロキャンパーの間で人気のある焚き火台です。

ピコグリルのメーカーはスイスにあるSTC社で、Bruno Wanzenried氏によって1983年に設立された会社です。ピコグリルは2011年の「ピコグリル398」を皮切りに、「ピコグリル760」や「ピコグリル239」、「ピコグリル85」の複数シリーズが出されています。

ピコグリルシリーズの中でも、特にソロキャンパーの間で人気なのは「ピコグリル398」です。

ピコグリル 398 Picogrill 超軽量焚き火台
PICOGRILL
【収納サイズ】‎33.5×23.5×1cm【使用サイズ】38.5×26×24.5cm【重量】448g

ピコグリル398のサイズと人気の秘密

ピコグリル398の収納サイズ
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398の人気の理由は、何といってもそのコンパクト性と軽量性にあります。

ピコグリル398の収納サイズはA4サイズとほぼ同じで、重さも448gと500mlペットボトルよりも軽くなっています。厚さだって1cm程度なので、とにかく持ち運びに便利な焚き火台となっています。

ピコグリル398の正面
©︎2020 CAMPZINE
ピコグリル398の真上
©︎2020 CAMPZINE
ピコグリル398の下部
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398のサイズと付属品は以下の様になっています。

ピコグリル398
収納時サイズ33.5×23.5×1 [cm]
使用時サイズ38.5×26×24.5 [cm]
重量(本体のみ)約448 [g]
素材ステンレス
付属品収納ケース
オプション(別売)スピット

ピコグリル398を使ってみた

ピコグリル398の本体と付属品
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398を購入して、実際に使ってみました。今回は、ピコグリル398の正規代理店である「Pikari outdoor-shop」さんから購入させて頂きました。

ピコグリル398の本体(火床とフレーム)と収納袋、スピット2本(別売)が、A4サイズのゆうパケットで丁寧に梱包されて郵送されてきました。

ピコグリルの組み立て方法

組み立て方は至って簡単、慣れれば30秒もかかりません。火床のステンレスは薄いので、念のため手袋をしてから組み立てると安全です。

ピコグリル398の組み立て手順
  • ステップ1
    フレームを引っ張って立たせます
    ピコグリルの組み立て手順1
    ©︎2020 CAMPZINE
  • ステップ2
    2つ折になっている火床を拡げます
    ピコグリルの組み立て手順2
    ©︎2020 CAMPZINE
  • ステップ3
    片方の火床の切り込みをフレームの節に引っ掛け、もう片方も同様にします
    ピコグリルの組み立て手順3
    ©︎2020 CAMPZINE

火入れ

ピコグリルの火入れ
©︎2020 CAMPZINE

早速、火入れをしてみます。新しい焚き火台を初めて使うときは、ワクワクしますがちょっぴり緊張もしますね。

それにしても、新品の輝きが美しいですね。ここで、ちょっとした注意になりますが、新品の焚き火台やクッカーを火入れする際に、手垢が付いているとその手垢が焼き付いちゃうので、気になる方は手垢を拭き取ってから火入れするようにしましょう。

ピコグリルの火入れ
©︎2020 CAMPZINE

松ぼっくりや固形着火剤を下に敷いてから薪を乗せます。

ピコグリルの火入れ
©︎2020 CAMPZINE

スムーズに薪に着火してくれました。薪を真横に乗せても、火床が凹状になっているので、火の周りが早くて燃焼効率も良好です。シンプルですが、よく考えられた構造になっています。

ピコグリル398の薪のサイズ

ピコグリル398の薪のサイズ
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398に使う薪ですが、火床の幅が38.5cmなので、薪の長さも38cm程度まで対応できます。ピコグリルは薪をやぐら状に組む必要が無く、長めの薪でもそのまま焼べる事ができるので助かりますね。

ピコグリル398の耐久性

ピコグリルの耐久性
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル用のスピット(串)を2本使えば、その上に薪を乗せて燃やすこともできます。火力が増して寒い時にも暖かいです。また、こうする事で湿った薪を乾かしながら燃やすこともできます。

ピコグリルの耐久性
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398の網

ピコグリル398の網
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398は、別売のスピットを五徳として利用できますが、火床との距離が遠かったり調整できなかったりします。

そこで便利なのが、100円均一で売っているスタンド付きの網を利用する方法です。

今回は下記の網を利用してみました。

購入店ダイソー
品名スタンドロースター
サイズ270×210×60 [mm](最高)
素材鉄線(ユニクロメッキ)
ピコグリル398の網
©︎2020 CAMPZINE

値段の割にピコグリル398との相性は抜群で、とっても便利な網なんです!
ピコグリル398にぴったりとハマって、網の高さもスタンドで自由に変えれるので、火力調整も思いのままです。

ピコグリル398の網
©︎2020 CAMPZINE

網の幅もピコグリル398にシンデレラフィットします。

ピコグリル398の網
©︎2020 CAMPZINE

網のスタンドを折り畳めば、ピコグリル398のフレーム上部にも置くことができます。

ピコグリル398で焼き餅
©︎2020 CAMPZINE

実際に、炭火になった薪でお餅を焼いてみたら、良い感じに焼くことができました。

地面へのダメージ

ピコグリル398の地面へのダメージ
©︎2020 CAMPZINE

今回は直火可能なキャンプ場で試してみましたが、最近では多くのキャンプ場が直火禁止となっています。そこで、気になるのが地面へのダメージではないでしょうか。

ピコグリル398の火床は地面から適度に離れているため、地面へのダメージは少ないようですが、長く焚き火をしていると、燃えカスが地面に落ちてしまう事があります。

そんな時は、耐火シートやスパッタシートがあると地面へのダメージを避ける事ができます。

ピコグリルのメンテナンス方法

ピコグリル398の使用後
©︎2020 CAMPZINE

ピコグリル398を一回使用しただけで、いい感じに焼け色が付きました。ピコグリルはシンプルな構造なので、片付けもとっても簡単です。

ステンレス素材なので、メンテナンス方法は、基本的に灰をしっかり落とすだけでも大丈夫です。

火床を軽く叩くだけで、表面に付いた灰を落とす事ができます。その時、調理カスは完全に焼き切っておくと汚れが落ちやすくなります。

汚れが気になる場合は洗浄しても良いでしょう。

ピコグリルを洗浄する方法

ピコグリルの洗浄手順
  • ステップ1
    100円均一で売っているセスキ炭酸ソーダをピコグリルに吹きかける。(セスキ炭酸ソーダは粉末タイプとスプレータイプがありますが、スプレータイプの方が簡単に作業できます。)
  • ステップ2
    5分位放置した後、スポンジやメラミンスポンジで汚れを擦り落とします。こびり付いた汚れはブラシを使うと効果的です。
  • ステップ3
    水できれいに洗い流して、しっかりと乾燥させます。乾燥させずに保管してしまうとサビの原因になるので、しっかりと乾燥させましょう。

ピコグリル正規販売店

ピコグリルが人気となった事もあり、多くの類似品やもどき・・・が出ていますが、ピコグリルの正規販売店は現在国内に2社しかありません。

WANDERLUST EQUIPMENT

WANDERLUST EQUIPMENT | 軽量シンプルなアウトドアギアと旅の道具 - オンラインストア
ワンダーラストエクイップメントは、軽量素材を活用した山と旅の道具を制作・販売するガレージメーカーです。ウルトラライトハイキングに適した独自のデザインのサコッシュやバックパック、アクセサリー類に、スイス製の軽量焚火台ピコグリルも販売します。

軽量シンプルなギアを製作しているガレージブランドです。ピコグリルをはじめウルトラライトなギアを販売しています。

Pikari outdoor-shop

Pikari outdoor-shop
スイス製の焚き火台、picogrill(ピコグリル)や日本未発売のアウトドアグッズ、日常でもお使いになれるアウトドア用品の販売をしております。

ピコグリルを日本に紹介した老舗です。ピコグリル760の企画を提案したした事でも知られる正規販売店です。2020/03/09からAmazonでも販売を開始しています。

正規販売店Pikari outdoor-shopからの購入は下記から

ピコグリル 398 Picogrill 超軽量焚き火台
PICOGRILL
【収納サイズ】‎33.5×23.5×1cm【使用サイズ】38.5×26×24.5cm【重量】448g

コメント

タイトルとURLをコピーしました